権利義務・事実証明関係 遺言・相続

遺言・相続

遺言・相続残された家族が困らないよう、プロの視点からアドバイスします。
遺言は法律で定められた要件を満たす必要があります。
みなさまの意思が正しく伝わるように行政書士が遺言書作成を
お手伝いいたします。


遺言書を作りたい、相続手続きをしたい

通常、遺言には、
自分で作成する「自筆証書遺言」、
公証人に作成してもらう「公正証書遺言」、
遺言の内容を秘密にできる「秘密証書遺言」の3種類があります。

行政書士は、これら全ての遺言書作成の支援(「公正証書遺言」では証人になる等、「秘密証書遺言」ではその作成等を含む)を行います。

また、遺産相続においては、

(1)遺産の調査
(2)相続人の調査
(3)相続人間の協議
(4)※「遺産分割協議書」の作成
(5)遺産分割の実施

の順で手続が行われていきますが、行政書士は、そのうちで「遺産分割協議書」の作成とともに、それに向けた諸手続を一貫してお引き受けします。
※遺産の調査と相続人の確定後に相続人間で行われた遺産分割協議で取り決めた内容を書面にしたもの


  • よくある質問はこちら
  • お近くの行政書士を探す